高原のジャム 赤いルバーブ

高原のジャム
ルバーブはフキみたいな野菜です。これを細かく切って、鍋で火をかければ、ジャムになります。水は一切使いません。赤砂糖、レモン、赤ワインを適量使用します。

赤ルバーブは栽培も、富士見町に限定しているそうです。ロシア原産で標高の高い高原で育ったようです。 

ルバーブの森

富士見町八ヶ岳エコーライン立沢大橋付近にルバーブの森があります。森の下にルバーブの畑があります。同じペンション村のウイッシュさんが立沢部落の方から畑を借りてルバーブを育てています。ジョナサンもルバーブ10株程をそこの畑に同居させてもらってます。

ルバーブとは・・・
科名:タデ科 
分類:多年草
和名:ショクヨウダイオウ
原産地:シベリア南部

ルバーブは大きく広がった葉とフキのような太い葉柄からなり、この葉柄の部分を食用とすることができます。葉にはシュウ酸とう有毒物が含まれているので、食用にはしないようです。葉柄は左の写真のように赤いものから、緑かかったものまで様々です。

ヨーロッパでは昔から栽培されており、明治時代に野菜として日本でも導入されましたが、まだ知名度が低く、栽培している所は少ないようです
日本ではあまり知られていない食材ですが、
ヨーロッパでは砂糖と煮詰めてジャムにしたり、ジュースにしたり、サラダに加えたりとさまざまな用途で使われています。

りんごに似たような酸味とアンズのような香りが特徴で、ジャムやジュースの他、細かく切ったルバーブをそのまま生地に混ぜ込んでお菓子にしたり、千切りにしてサラダに加えたりと、さまざまな利用法があります。
栄養面では、ビタミンC、カルシウム、繊維が多く含まれることから美肌効果も期待できると言われています。写真ではわかりませんが、熱をくわえ続けると、まさしくジャムに変化していきます。一般的には緑色のルバーブが広く出回っていますが、富士見高原はその標高を利用して赤いルバーブも栽培しています。

トップページ

プチペンションジョナサンの予約 お問合わせは
〒399-0101 長野県諏訪郡富士見町富士見高原ペンションビレッジ
TEL : 0266-66-2449  FAX: 0266-66-2688
メールアドレス :jonathan@jonathan-pocky.com
2013/6/28作成 
ルバーブ畑撮影 2013年6月27日更新

ポンタとポッキーのローカル線の旅 NO154 高原の赤いルバーブジャムの旅