豊橋鉄道市内線 運動公園前にて
わずか150mながら全国の路面電車で
実に11年ぶりの路線延長が実現した
豊橋鉄道市内線(愛知県豊橋市)
98年11月25日撮影

ポンタとポッキーの
ローカル線の旅シリーズNO36

よみがえる路面電車

『豊橋鉄道市内線』

路面電車サミット
99inとよはし
6月3日(木)〜6日(日)


豊橋鉄道市内線

よみがえる路面電車

マイカーの普及で
次第に町から姿を消していった路面電車が、
今、再び脚光を浴びている。
高齢者や障害者が利用しやすい、
環境にやさしい等々、
公共交通機関としてのメリットは数知れず。
われらが『チンチン電車』の復権は時代の必然なのだ。

   車社会の邪魔者?

本格的なマイカー時代に突入してからは、
たちまちクルマ社会で邪魔者扱いされるようになり
『クルマの障害物』『時代おくれ』などといわれ、
おまけに深刻な赤字経営のなかで廃線が相次いだ。
現在の路面電車の事業規模は、路線長わずか238キロ
ピーク時の6分の1ほど。事業者数も19地域20事業者
と激減してしまった。これも時代の流れというものなのか
、、、と簡単に納得してしまいそうです。




世界に目をむければ、、、

ひとたび世界へと目を向けて見ると、どうも
様子がおかしい。海外では、1978年以降、新線を
整備もしくは一旦廃止した路面電車を復活させた
都市がすでに52都市にものぼっています。さらに
建設中または計画中の都市まで含めると、世界中
の100もの都市で新たな路面電車が整備されようと
しているのだ。日本の都市でもそろそろ地下鉄に
かわる交通機関『路面電車』を真剣に考える時期
がすでに来ているとおもいます。 


さよならポンタへ

旧型国電の走る小野田線へ

路面電車のメリット

地下鉄よりも圧倒的に省エネルギーは路面電車です。
バスよりも二酸化炭素CO2などの排出量が少ない。
道路より直接乗降できる。つまり高齢者や障害者が
利用しやすい。環境にやさしい。子供も安心して乗れる。
新型車両は騒音もない。さらに路面電車は中心市街地
に乗り入れるので、活性化への効果が期待できます。

『路面電車サミット'99inとよはし』
チンチン電車の再評価と支援

1999年6月3日(木)〜6日(日)
テ ー マ「21世紀の路面電車を考える」
〜エコ・トランジットシティーをめざして
開催場所 豊橋市公会堂他
連 絡 先 路面電車サミット'99inとよはし
TEL & FAX 0532-56-3310 (サミット!)
事業内容(予定)
6月3日(木)路面電車に関する展示
6月4日(金)愛好団体代表の情報交換会サミット会議
6月5日(土)鉄道施設見学会市民フォーラム
6月6日(日)市民参加によるイベント


よみがえる路面電車』探険者たち

ジョナサンのポッキーはサンピア岡崎のパーキングで野宿
豊田市のデザイナーの斎藤仁美さんは、愛車レビンで参加
ジョナサンママの直子さんは、電車よりも八丁味噌に興味あり
オーナーは都会の運転がへたくそ。チンチン電車に追い抜かれる

ジョナサンの予約 お問合わせは
TEL : 0266-66-2449  FAX: 0266-66-2688
メールアドレス :jonathan@jonathan-pocky.com
〒399-0101 長野県諏訪郡富士見町富士見高原ペンションビレッジ
1998年11月25日撮影 1999年1月14日製作 2003年3月27日更新