松本電鉄上高地線

松本城から北アルプス上高地へ
『アオガエル』と呼ばれた電車

ポンタとポッキーの
ローカル線の旅シリーズ
NO38松本電気鉄道

『松本城界隈』
98年11月3日撮影
1999年1月21日製作 ジョナサン

松本電気鉄道上高地線
ビルの谷間から北アルプスの谷間へ『アオガエル』と呼ばれた電車は毎日元気に走ってます。その『アオガエル』と呼ばれた電車は、間もなく京王帝都の新型車両に全部入れ替えられるそうです。松本城と冬の北アルプスを眺めて電車に乗る休日を過ごすなんて素敵なことでしょう。さて松本電鉄は松本と新島々を結んで走る、日本の代表的山岳観光地 上高地に行くときに乗る路線です。もちろん本来、沿線に住む人達の重要な鉄道ですが、休日ともなれば、旅行者も大切なお客さまです。確かに休日の松電の始発電車に乗っているのは、登山姿の乗客ばかりです。

『アオガエル』は昔東急東横線を走ってた
この松本電鉄で現在、主力電車として活躍しているのが、かつて東急東横線を走っていたモハ5000形。鉄道マニアの愛称でいうならば『アオガエル』です。東横線沿線の渋谷、学芸大学、自由が丘、横浜界隈を、緑色の丸み帯びた愛くるしいデザインの電車が、走ってたことを記憶の底から甦ってくる方もきっといらっしゃることでしょう。現在の東横線の銀色のステンレスカーでなくてどうしようもないくらい可愛いいあの緑色の電車 『アオガエル』です。実に的を射た呼び名ではありませんか。

『アオガエル』は長野県初のワンマン電車
昭和61年、東急東横線で旧型となった8両のモハ5000形が、松本電鉄に引き取られます。ここでワンマン車への改造を受け、長野県初のワンマン電車として華々しく再デビューしたのでした。東横線で現役を退いたモハ5000形ですが、ここ松本では人々の熱い期待に包まれ、再び活躍の場を与えられます。モハ5000形の『アオガエル』はさぞ嬉しかったことでしょう。

松本電気鉄道のアクセス
JR中央線の松本駅。ジョナサン探険隊のメンバーは、中央高速経由で松本城のパーキングに 駐車して松本市民祭りを見物。東京方面からは『あずさ』号が便利。名古屋方面からは『ワイドビューしなの』利用。

松本電鉄上高地線営業区間
松本駅より新島々まで14駅、14.4キロメートル、沿線には『下原すいか』の産地で有名な波田町をとおる。現在は松本ハイランドJAと名称を変えて全国で販売してます。甘くて美味しいが、少し高いです。

国鉄最初の電車ハニフ1発見!!
松本電鉄の新村駅の構内に国鉄最初の電車ハニフ1がひっそりと保管されています。なんとこの車両は明治37年に製造された歴史的な価値を持つ車両です。


『松本電鉄松本市民まつり探険隊』
◯ジョナサンのポッキーは電車よりも松商学園のバトン部に夢中
◯東京の鈴木さんは貴重な休暇をさいて、参加。松本城の写真は上手です。
◯安藤直子さんは、電車<市民祭り<グルメに興味あり
◯オーナーは電車大好きだけど、ミス松本、ミス湘南、ミス札幌、ミス姫路にうっとり。
◯協力 松本電気鉄道 松本市井川城2-1-1
松本市民祭り実行委員会、松商学園バトン部 米倉美紗 安宅優子 関谷千香子さん
98年11月3日撮影  99/1/21作成 03/03/27更新

ジョナサンの予約 お問合わせは
TEL : 0266-66-2449  FAX: 0266-66-2688
メールアドレス :jonathan@jonathan-pocky.com
〒399-0101 長野県諏訪郡富士見町富士見高原ペンションビレッジ
星のかけらを探しにジョナサンへ!八ヶ岳に新しい風 吹いて来た 君も来ないか